鍼灸学科からのお知らせ

動き負荷テストの授業にお邪魔しました

2015-11-30

今日は陳先生の動き負荷テストの授業にお邪魔しました。

 

動き負荷テストは患者さんに手を上げたり、腰を曲げたりしてもらうなど、一定の動き負荷をかけることによってどこが悪いのか判断する診察法です。

このテストで悪いと判断された身体の問題に対応する経穴に鍼治療を施すことによって、患者さんの様々なつらい症状が改善します。

 

写真の学生さんは上手に診察できたので、この後の鍼治療で効果を上げていました。

 

また一つ将来使える技術を身につけたみたいです。

今後の活躍が楽しみです。