鍼灸学科からのお知らせ

【鍼灸学科】高橋選手(先生)東京パラの意気込みを語る

2017-01-31

 

本校鍼灸学科同窓会長であり東京パラリンピック強化指定選手である高橋健太郎先生(第1期生)がご来校くださり、在校生に東京パラリンピックにかける意気込みを語って下さいました。

高橋先生は現在、鍼灸師の仕事の傍ら、東京パラリンピック・テコンドーの強化指定選手として練習を重ねる日々を送られています。

 

 

 

高橋先生いわく、日本のテコンドーは本場韓国と比べると成熟しているとは言い難く、パラリンピック本番でも多くの壁が立ちふさがることも考えられるそうです。しかし、今よりもさらに修錬を重ね日本にメダルをもたらしたいとのことでした。日本でパラリンピック・オリンピックを迎えるにあたり、ケア活動によって選手をサポートする、これからの鍼灸師に期待しているともおっしゃっていました。

今年の3月にはロシアで遠征合宿を行うとのことで、多くの外国人選手と戦い技に磨きをかけられるそうです。

 

 

最後にはミニ演武を披露していただきました。高橋先生のピッと伸びた足から繰り出される大迫力の「かかと落とし」に教室に歓声と拍手が巻き起こりました。

 

 

 

高橋先生のあつい話に学生も教員も元気をいただきました。ありがとうございました。

ぜひ金メダル目指してがんばってください!