鍼灸学科からのお知らせ

【鍼灸学科】九州では珍しい深谷灸法

2019-10-30

先日、太田先生より「効かせるお灸」で有名な深谷灸法の講義がありました。

 

 

伝統的なお灸は熱いものですが、深谷灸では温熱緩和器と呼ばれる竹筒を用いて熱感を緩和させる手段を持つのも特徴です。

 

 

また、深谷灸法では教科書に書いてある経穴(ツボ)だけを頼りにお灸をするのではなく、身体の反応がある場所にお灸をすることにより、様々な症状を治療していきます。

患者役の学生さんは1箇所お灸をしたことにより、他の場所に出現していた圧痛も良くなってしまいました。

 

 

 

現在、九州で行っている治療院は少ないですが、是非将来のための治療手段の一つとして、覚えていてもらいたいです。(*^^*)

 

本校では将来役に立つかもしれない様々な施術方法を授業で行っています。

みなさんも一緒に素敵な鍼灸師を目指しませんか?