作業療法学科からのお知らせ

天神まで車椅子で行ってみました ~W/C体験~

2015-12-11

11月の最終日に、授業の一環で車椅子で街に繰り出しました。1年の皆さんは、風があり少し寒い午後でしたが、色々なことを感じたようです。以下、紹介します♪

 

【1班の感想】
初めて車椅子で、移動したり電車に乗りました。切符を買うときの自動券売機の位置が少し高く手が届きにくかったです。また、改札口では、係員がいる改札口を利用することを初めて知りました。
車椅子のキャスターが前の人や、物にぶつかってしまうことがあるので、注意しなければいけないと思いましたし、街の道路では、でこぼこしたり、傾いていて、車椅子を押しづらかったです。
車椅子体験をすることで、車椅子を利用している方の気持ちがわかりました。
今後、車椅子を利用することがあったら、この経験を活かしていきたいと思います。


 

【2班の感想】

街を歩いてみて不便な所や小さな段差がとても気になりました。ですが街の人々にとても親切にして頂き、嬉しかったのが印象に残りました。実際に車椅子を体験しなければ気付かないことが多く、大変勉強になりました。     

                                                                

【3班の感想】

天神の町まで車椅子での移動は初めての体験だったのですが、道が舗装されているのに車椅子に乗っていると微妙な振動が常にあって驚きました。天神を歩行しているときは、気にもとめていなかった小さな段差が車椅子になると、ここまで大きな障害とは思いもしませんでした。今回の車椅子体験がなかったら利用されている方々が常にこのような思いをしながら移動していたことに気づけなかったと思います。 とても貴重な体験ができました。 

 

 【4班の感想】
福岡の街はバリアフリーが進んでいると感じました。車椅子に乗っている人の気持ちになって押すよう心がけなければならないと思いました。

 

【5班の感想】
車椅子を押して初めて電車に乗って天神に行きました。乗っている時には振動が結構あり怖いと思いました。車椅子を押す時にはちょっとした段差に引っかかってしまうので、気をつけなければ止まってしまい、戸惑うこともありました。この車椅子体験を通して、車椅子利用者の方々の気持ちを知ることができました。今後のこの体験を生かしていきたいと思います。

 

今回の経験が将来の作業療法士としての活動のベースを形作るものとなるものと思います。ご協力頂いた皆様方、ありがとうございました。