理学療法学科からのお知らせ

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る。

2016-02-24

早いもので、平成28年が始まってもう2カ月が過ぎようとしています。
学内では後期試験もほぼ終了し、2年昼間部の臨床実習Ⅰが終了しました。
もうすぐ3月、別れの季節もそこまで来ています。
しか~し!! そんなに簡単に理学療法士にはなれません。
2月28日に今年の国家試験が実施されます。
今回は、九州大学伊都キャンパスと福岡大学で実施されるのですが、本校は福岡大学で受験します。
昼間部3年生、夜間部4年生には体調管理に気をつけいい結果に結びつけてほしいと思っています。

 

今回のトピックスは今の時期の流行りもの、感染性食中毒についてお話しさせていただこうかと思います。
何故かと言うと、私事になりますが昨日家族がこれにかかり、救急車を呼んだこともあって
まだまだ流行の時期にあるこの病気についてお話ししようと思いました。

感染源はこいつ!!
通称 ノロウイルス!
正式名称は ノーウォークウイルスです。

 

手指や食品(二枚貝等)などを介して、経口で感染し突発的なおう吐、下痢、腹痛、微熱などを起こします。
感染力が強く、家庭内で人の糞便や嘔吐物、あるいはそれらが乾燥したものから出る塵埃を吸い込み感染します。二次感染を引き起こすことが多いため、注意が必要です!!


 

このウイルスの一番厄介な所は、
普通の殺菌方法では死滅しないことです。
このウイルスを死滅させるには、
85℃以上の熱湯に1分間つけるか、
次亜塩素酸ナトリウム(ハイター、キッチンハイター)を使用するしか方法がありません。


現在、インフルエンザのタミフルの様に、このウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありません。
このため、通常、対症療法が行われます。特に体力の弱い乳幼児、高齢者は、脱水症状を起こしたり、
体力を消耗したりしないように、注意が必要です。
脱水症状がひどい場合には病院で輸液を行うなどの治療が必要になります。