作業療法学科

作業療法学科

治療・訓練・指導と共に心のケアも大切にする
作業療法士を育成します。

作業療法士とはどんな仕事?
作業療法(Occupational Therapy)とは、身体または精神に障がい、またはそれが予測される人に対し、日常生活を送る上で必要な機能の回復を目的とした治療法です。作業療法士は、社会生活を営むのに必要な行為や動作の回復、退院後の住環境への適応や就労環境への適応能力などの回復を支援します。医療をはじめ保健、福祉、教育など幅広い分野で活躍しています。

【天リハ】作業療法学科

医療専門課程[3年制]

募集定員数 40名
授業時間 9:10~16:10(月~金)

※記述時間以外にも授業を行うことがあります。

 

TIME SCHEDULE

               
    MON TUE WED THU FRI
1限目 9:10~10:40 解剖学Ⅲ 人間発達学 社会福祉学 作業療法評価学Ⅰ 運動学Ⅰ
2限目 10:50~12:20 作業療法概論 生理学Ⅰ 統計学 医学英語 保健体育
3限目 13:00~14:30 文章構成   HR リハビリテーション概論 心理学
4限目 14:40~16:10       コミュニケーション学 解剖学Ⅰ

※時間割は若干異なる場合があります。

カリキュラムと学びの流れCURRICULUM

学習サポートプログラム

  • ・本校の講師陣は、作業療法士の資格等をもち、講義だけでなく学生生活の様々なサポートを行う 専任教員と大学の専門家などの非常勤講師で構成されています。
  • ・また、1.2年生で解剖実習見学を行っております。

小人数のクラス編成で学生との絶妙な距離感

1クラス40名と少人数で授業を展開。
個人面談なども定期的に実施し、講師との距離感は絶妙で勉強の悩みはもとより、
身近なことも相談できます。

教員紹介

学科長
大川 照明
OOKAWA TERUAKI

長年、総合病院で整形外科疾患とスポーツ障害の作業療法に取り組んでまいりました。基礎は大切ですが、実際の医療現場で使える実践的なスキルを少しでも学生さんに教授してきたいと思います。ぜひ、本校で一緒に学びましょう。

主な資格

  • 作業療法士
  • 修士(医学)

教科書執筆

  • 運動学
  • 生理学
  • 解剖学I・II
  • 機能解剖学
  • 整形外科学
  • 多職種連携の理解

専任教員
三好 和則
MIYOSHI KAZUNORI

私たちは人を笑顔にする仕事です。授業は分かりやすく楽しくをモットーに取り組んで参ります。私たちと一緒に人を笑顔にする作業療法士を目指しましょう!

 

主な資格

  • 作業療法士

担当授業

  • 解剖学Ⅲ・Ⅳ
  • 中枢神経系作業療法Ⅰ・Ⅱ
  • 筋骨格系作業療法
  • 作業療法評価学Ⅱ・Ⅲ
  • 作業療法評価学実習
  • 作業療法管理学
  • 義肢装具学

専任教員
山下 眞智子
YAMASHITA MACHIKO

精神障害関係のリハビリテーション分野で関わる疾患の知識を深めるだけでなく、各疾患を心理学的にも理解することを目標としています。
心も身体も癒せる作業療法士を一緒に目指してみませんか?

主な資格

  • 作業療法士
  • 介護支援専門員
    (ケアマネジャー)

担当授業

  • 精神障害評価学
  • 精神障害治療学
  • リハビリテーション医学
  • 神経内科学
  • 保健体育
  • 心理学
  • 臨床心理学
  • 病理学・内科学

専任教員
松尾 賢
MATSUO MASARU

作業療法士は今後AI化が進んでも生き残る職業ランキング上位に位置づけられています。また、認知症の増加に伴って需要が高くなっています。本校で作業療法士になる夢を叶えませんか?全力で応援します。夢を力に頑張りましょう!

 

主な資格

  • 作業療法士
  • 修士(スポーツ健康科学)
  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • 社会福祉主事任用資格
  • 初級障害者スポーツ指導員
  • 福祉用具専門相談員

担当授業

  • 精神医学I・II
  • 高齢期作業療法治療学
  • 社会福祉学
  • 作業療法評価学IV
  • 地域包括ケアシステム論
  • 集団作業療法治療学
  • 高齢期作業療法治療学演習
  • 地域作業療法学

専任教員
樋口 浩幸
HIGUCHI HIROYUKI

作業療法士は、患者さんの生活に最も寄り添っていく医療専門職です。とてもやりがいのある素晴らしい仕事です。福岡のど真ん中にある本校で一緒に作業療法士を目指してみませんか?

主な資格

  • 作業療法士
  • 修士(保健医療学)
  • 介護支援専門員
    (ケアマネジャー)
  • AMPS認定評価者
  • 福祉用具プランナー
  • 福祉住環境コーディネーター2級

担当授業

  • 作業療法評価学I
  • 内部障害系作業療法学
  • 生活環境論
  • 職業リハビリテーション学
  • リハビリテーション栄養学
  • 画像診断学
  • 一般臨床医学
  • 統計学

充実のサポート体制

  • 臨床実習&サポート

    臨床実習では病院や施設などに通い、具体的な業務に携わります。
    実際に患者様と接することで、授業で習ったことをどう現場で応用していくかなど、就業を目指す上で大切なことを学べる貴重な機会です。働きぶりによっては臨床実習をきっかけに就職内定をいただくこともあります。

  • 国家試験対策では協同学習を中心にしています!
    「アクティブラーニング」を実施

    文部科学省が推奨しているアクティブラーニングを積極的に導入しグループ学習にて能動的な学習意欲を高める授業を展開している。各グループには、講師が1名ずつ配置され、質問しやすい環境となっています。

高い国家試験合格率

  • ・国家試験対策セミナー50回
  • ・全グループ担当教員制
  • ・マンツーマンによる徹底した指導

在校生の声REAL VOICE

もしもの時の聴講制度

万が一、国家試験に合格できなかった場合
卒業後1年間、無料で聴講することが可能です。
※受講できる科目数には上限があります。

取得可能資格免許・称号LICENCE

  • ・作業療法士(国家資格)
  • ・専門士(称号)
  • ・健康ゲーム指導士(※日本アクティビティ協会認定資格)
  • ・介護支援専門員受験資格(※実務経験要)

卒業後の進路FUTURE

  • ・総合病院
  • ・一般病院
  • ・リハビリテーション専門病院
  • ・大学病院
  • ・精神科病院
  • ・介護老人保健福祉施設
  • ・専門事業サービス(デイサービスなど)
  • ・医療保健福祉行政 等