作業療法学科

作業療法学科

作業療法学科 国家試験合格率 就職率

昼間部 3年制

授業時間: 9:20 ~ 16:40
定員: 40名

作業療法師とは?

作業療法(Occupational Therapy)とは、身体または精神に障がい、またはそれが予測される人に対し、日常生活を送る上で必要な機能の回復を目的とした治療法です。作業療法士は、社会生活を営むのに必要な行為や動作の回復、退院後の住環境への適応や就労環境への適応能力などの回復を支援します。医療をはじめ保健、福祉、教育など幅広い分野で活躍しています。

学科長からのメッセージ

作業療法学科 学科長 大川 照明

作業療法学科 学科長
大川 照明

作業療法学科では、使命感を持って社会に貢献する作業療法士の輩出ならびに、専門知識だけでなく、思いやりのある心豊かな医療専門職の育成を目指しています。作業療法土は、悩みを抱える人々を支えるやりがいのある仕事です。あなたも、私たちとともに社会貢献の道を目指しませんか。

作業療法学科の特徴

理解に達するまでの徹底指導

無料で補講授業を実施

授業終了後、午後5時から無料で補講授業を実施。
授業中に理解できなかった内容の質問ができ、理解するまで丁寧に指導します。

多彩な資格取得のほか公務員試験対策も
福祉住環境コーディネーター

作業療法士以外にも福祉住環境コーディネーター・初級障害者スポーツ指導員・応急手当普及員など多彩な検定・資格へのチャレンジをサポートし、興味ある分野を広げ、就職を有利にします!

※平成25年度、26年度の福祉住環境コーディネーター
 は本校での受験実績あり。25年度は22名が、福祉住
 環境コーディネーター2級に合格しました!

幅広い分野の実習施設が充実

臨床実習では病院や施設などに通い、具体的な業務に携わります。
実際に患者さんと接することで、捜業で習ったことをどう現場で応用していくかなど、
現場に出る上で大切なことを学べる貴重な機会です。
働きぶりによっては臨床実習をきっかけに就職内定をいただくこともあります。

作業療法学科 評価実習 総合実習

高い求人倍率
リハビリテーション科 松尾尚子

現場では作業療法士の数が不足しています

現在、医療の現場では認知症や高次脳機能障害の患者さんが増加しており、生活に密着したアプローチのできる作業療法士の需要が年々、高まってきています。あなたも「求められる人材」を目指して学んでみませんか?

求人倍率

作業療法学科への全国からの求人数

卒業後の進路

作業療法学科 卒業後の進路

資料請求のお申し込み

オープンキャンパスのお申し込み